【男性肌の特徴】女性との違いとは?男性もフェイスケアが必要!?

【男性肌の特徴】女性との違いとは?男性もフェイスケアが必要!?
photo by harmaini ron

スキンケアの中でも最も意識されるフェイスケアについてのお話。

今までフェイスケアを意識せず生活してきた男性皆様にまずは知ってほしい男性の肌(顔)についてシンプルにまとめています。

男性肌の特徴

女性と比べた際の男性肌の特徴は大きく2点に集約されます。

  1. 皮脂量が女性の3倍程度
  2. 水分量が女性の50%程度

“皮脂量が女性の3倍程度”によってもたらされること。それは、脂ぎった肌になるということ。男性はオイリー肌ということです。当たり前のようですが、脂が多いということを認識するのは重要です。朝洗顔をしても昼、夕方と経つにつれてべたつく人は多いと思います。

毛穴から分泌された皮脂をほおっておくことは危険です。紫外線やストレス、酸素に触れることによる酸化により過酸化脂質という物質へと変化し、肌にダメージを与えるようになります。過酸化脂質は老化の原因となる活性酸素を発生させたり、シミの原因となるメラニン色素を過剰生成してしまいます。このような状況が長く続くことで、肌のくすみにつながったり、毛穴を詰まらせニキビや吹き出物を発生させるなどの影響がでてきます。

体内から分泌された皮脂だけでなく、メイクの油分でも同じことが言えます。女性がメイク落としのクレンジングを念入りに行う理由はここにあるのです。

洗顔が油分の酸化を防ぐうえでとても重要であることが分かります。

もう一つが“水分量が女性の50%程度”であること。水分が少ないと肌がかさつき、荒れていきます。これが続けばしわやたるみの原因にもつながります。

男性の場合は水分量が少ないとそれを補おうとして皮脂が発生します。ただでさえ皮脂の多いところにご丁寧にもさらに皮脂を発生させてくれるのが男性肌。ありがた迷惑な話ですね。

男性年配者にしわが多くテカっている肌が多いのには、皮脂が多く水分が少ないことが影響しているともいわれています。

男性だからこその悩み

上記の通り、脂っぽい肌になってしまうことの他に、髭剃りによる肌の荒れがあります。これは女性にはない男性特有の悩みです。特に髭の濃い人で肌の弱い人は苦労しているはずです。髭を剃るたびに血が出る、シミとして残ってしまう、ということは誰にでも起こりうることです。

なぜ髭剃りをすると肌が荒れるのか?その原因は、皮膚表面の角質層が削り取られたり、傷つくことで炎症を起こしてしまうからです。炎症を起こしたままほっておくと、状況は悪化してしまいます。

若いうちはさほどきになりませんが、肌のダメージは日々蓄積されます。若いうちからスキンケアに取り組むことで、先々の肌の見た目に大きく影響してくるでしょう。

男性もスキンケアが重要

以上のことから、男性と言えど肌にダメージが付きまとっていることが分かっていただけるかと思います。

となれば早速始めよう!となるのですが、さてどこから手を出すべきでしょうか?洗顔?化粧水?乳液?さらにはパックなど?おすすめは洗顔と化粧水です。

  • 洗顔→日々の汚れを落とすのに重要。普通の石鹸では余分な皮脂まで取ってしまったり、肌を傷つける危険性もある。
  • 化粧水→男性は水分が少ないため、化粧水による補いが必要。専用成分で水分が長続きします。
  • 乳液→男性肌はもともと油分が多いこともあり後回し、化粧水の状況によって検討する。
  • パックなど→洗顔や化粧水をしっかりしていれば不定期でOK。

スキンケア商品の選び方

まず初めに。女性用を使っても問題ないか疑問に思う方がいらっしゃるかもしれません。結論としては全く問題ありません。基本的に成分は一緒です。ですので、母や妻、姉妹が使っているのであれば、使わせてもらうのも一つかと思います。

洗顔

低価格のものから高価格帯までいろいろありますが、まず重要なことは朝と夜しっかりと洗顔するということ。男性は女性に比べて肌は厚く強い方なので、悩みに合わせて選ばなくてもさほど問題はありません。市販の洗顔料で洗顔することを心がけてください。

男性の洗顔料は高価格帯でない限りはさほどタイプがなく、あっても違いがすくないですが、キャッチコピーとして多いのが、

  • 皮脂を取ることを謳っている洗顔料
  • 敏感肌用を謳っている洗顔料

です。

悩む方は、上記タイプで選んでみてはいかがでしょうか。例えば、冬は肌が乾燥しやすくカサカサして肌がボロボロになる、というような方は敏感肌用を。そんなこと気にしたことがないような人は皮脂を取るタイプでよいかと思います。

amazonの売れ筋商品からいくつかピックアップしてみました。まずは気になるところから手を出して試してはいかがでしょうか。

皮脂を取ることを謳っている洗顔料
敏感肌用を謳っている洗顔料

化粧水

化粧水は重要です。男性は水分が少ないからなおさら。

選ぶポイントとしては、

  1. 使った際にヒリヒリしない
  2. できる限り長時間皮脂の分泌用を抑えてくれる

です。

1はとても重要で、ヒリヒリするということは肌にダメージを与えているということ。これでは本末転倒です。一概に言えませんが、低価格帯の化粧水はその傾向にあります。著者はいろいろと使い、1,000円以下には手を出さないようにしています。この辺りは、個々人の肌感覚にもよりますので、いろいろと試してみるのが良いでしょう。

2についてもやはり低価格帯よりも中高価格帯のほうが安定したパフォーマンスを発揮してくれます。ですがこちらもはやり個々人のよりますのでいろいろと試してみてください。

1,000円~2,000円のおすすめ化粧水
ニベアメン アクティブエイジローション 100ml
  • ニベアメン
  • 価格   ¥ 1,000 ¥ 1,404 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
今すぐチェック
プラウドメン グルーミングミルク 100ml 化粧水 メンズ アフターシェーブ
  • PROUDMEN.(プラウドメン)
  • 価格   ¥ 1,944 prime
  • 販売者 PROUDMEN.(プラウドメン)公式ストア
今すぐチェック

スキンケアカテゴリの最新記事