女性コスメでよく聞くビタミンC誘導体とは?男性にも必要?

女性コスメでよく聞くビタミンC誘導体とは?男性にも必要?

一般化した男性コスメ。その中でもフェイスケア市場は近年急速に広がりつつあります。
顔の印象が第一印象を決める。インターネットの広がりとともに多くの一般人の顔を見る機会が当たり前になった現在では、フェイスケアは女性だけでなく男性にも必要であり、これから先さらに必要になることは間違いありません。

【男性肌の特徴】女性との違いとは?男性もフェイスケアが必要!?
スキンケアの中でも最も意識されるフェイスケアについてのお話。今までフェイスケアを意識せず生活してきた男性皆様にまずは知ってほしい男性の肌(顔)についてシンプルにま...

近年男性のフェイスケア商品も驚くほど充実してきています。女性のように成分にもこだわりのある高級路線のフェイスケア商品も増えています。

昔騒がれた、コエンザイムQ10やヒアルロン酸はフェイスケアにある程度関心のある男性皆さまの聞いたことがあるはず。また、このような成分をが含まれたフェイスケア商品を気に入って使われている方も多いでしょう。

【コスパ最高メンズ化粧水】ニベアメン アクティブエイジローション Q10コエ...
NIVEA(ニベア)のメンズ用化粧水をご紹介します。今や男性でも当たり前になったメンズ用化粧水ですが、今回ご紹介するニベアメン アクティブエイジローションは低価格と高価...

では、ビタミンC誘導体についてはいかがでしょうか?聞いたことはあるけど、どのような効果があるのか分からない、または聞いたことがない男性が多いのではないでしょうか。ビタミンC誘導体含有の男性化粧水はまだ限られますが、女性用では一般的になっているビタミンC誘導体をご紹介します。

ビタミンC誘導体とは

女性のフェイスケアでは既に一般化していますが、そもそもビタミンC誘導体とは何でしょうか?
噛み砕いて見てみましょう。

そもそもビタミンCとは?

ビタミンCは科学的にはL-アスコルビン酸を言います。生体の活動においてさまざまな局面で重要な役割を果たしていることは周知のこと。このビタミンCには、しみ・シワの予防・改善やニキビの予防・改善、ニキビ跡の改善、老化の予防、たるみの予防・改善など肌にとってはまさに最適な化学物質です。この効果を見れば、男女関係なく効果が期待できることは間違いありません。

ビタミンCは肌に吸収されにくい

メリットの多いビタミンCですが、残念なことにデリケートな物質で酸化しやすく、酸化すると肌にとっての良い効果が薄れてしまいます。さらに、肌自体が水溶性物質を弾きやすく浸透率も良くないため、メリットを十分に活かせないのが肌とビタミンCの関係性です(効果が全く無いことは無いが、最大化できていない状態)。

誘導体化によって吸収率向上

このようなメリットのあるビタミンCのデメリットを解消するため、ビタミンCを誘導体化した化学物質がビタミンC誘導体です。誘導体化とは、簡単に言えば化学物質の一部を他の原子や原子団に置き換えたものです。誘導体化により肌への浸透率が向上し、肌にビタミンC誘導体が吸収された後、皮膚内でビタミンC化する特徴を持っています。そのため、ビタミンCの酸化を防ぎ効果の最大化が実現できます。

ビタミンC誘導体には酵素反応が必須

優れた効果が期待できるビタミンC誘導体ですが、そのままではビタミンCの効果が発揮されません。肌に浸透し、ビタミンC誘導体からビタミンC変わる必要があり、変わることで文字通りビタミンCの効果が期待できます。

このビタミンC誘導体からビタミンCに変わるには酵素反応が必要になります。残念なことに人の皮膚には反応する酵素が少なくビタミンCになりにくいと言われています。

酵素反応を必要としないビタミンC誘導体

上記の通り、ビタミンC誘導体からビタミンCになるには酵素反応が必要ですが、最新の科学により酵素反応を必要としない新型のビタミンC誘導体が開発され、多くの化粧水に使われています。このビタミンC誘導体をVCエチル、またはビタミンCエチル(アスコルビルエチル、3-O-エチルアスコルビン酸)と言います。酵素反応を必要とするビタミンC誘導体はリン酸ビタミンCが有名です。

ちなみにこのVCエチルは資生堂が開発元で、現在ではその他メーカーも含有化粧水を販売しています。

ビタミンCエチル | 美容成分辞典 | 資生堂グループ企業情報サイト
ビタミンCエチルの美容効果・豆知識・対応するお悩みについて解説したページです。100年以上「美しさ」の研究を続ける資生堂が、美とサイエンスの視点から美容に関する成分に...

ビタミンC誘導体だけに注目しない

良いとこ取りのVCエチルですが、VCエチルさえ含まれていれば良いということではありません。化粧水は他にも成分があり、それぞれ効果が期待できます。また含有成分や含有率は化粧水それぞれ違いがあり、自分の肌に合うものを選ぶべきです。例えば、脂肌と乾燥肌では合う化粧水は異なるかもしれません。

VCエチルが使われた男性化粧水

残念ながら男性化粧水まだ限られます。どうしてもVCエチルの効果が気になるという方は、女性向け化粧水も候補に入れてみてはいかがでしょうか。

男性向け化粧水

DHCライト&リフレッシング フェースローション【DHC for MEN ハイライフ】
  • DHC(ディー・エイチ・シー)
  • 価格   ¥ 1,852
  • 販売者 DHC公式直販店
今すぐチェック

女性向け化粧水

AMPLEUR アンプルール ラグジュアリー ホワイトシリーズ ローションAO II 120ml
  • アンプルール(AMPLEUR)
  • 価格   ¥ 4,980 ¥ 5,400 prime
  • 販売者 WORLD-J
今すぐチェック
ミューノアージュ ホワイトニングローション(医薬部外品) 150ml
  • ミューノアージュ(MUNOAGE)
  • 価格   ¥ 4,860 prime
  • 販売者 Amazon.co.jp
今すぐチェック
ミューノアージュ アドバンストホワイトニングセラム 30mL
  • ミューノアージュ(MUNOAGE)
  • 価格   ¥ 10,800
  • 販売者 faveur marche 医療美容研究所
今すぐチェック

スキンケアカテゴリの最新記事